ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

坂上忍、谷岡学長の被害届に「否定したパワハラは結局どうだった?」

4/12(木) 12:20配信

スポーツ報知

 12日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)で日本レスリング協会副会長で至学館大(愛知県大府市)の谷岡郁子学長(63)がフジテレビの情報番組スタッフにけがを負わされたとして、愛知県警に被害届を出していたこと特集した。

 今回の問題でこの日放送の「とくダネ!」が谷岡学長を取材した56秒間の映像を放送した。番組では映像を検証した結果、谷岡学長側が主張する左肩にふれたとする行為を含め、ディレクターと学長は接触していないなどの見解を示した。

 「バイキング」ではMCの坂上忍(50)は「谷岡学長がマスコミの報道のあり方も含めてパワハラ問題もそんなもんないですよっていうことで、あの方自らがマスコミの方を集めて会見を開いた。その会見が簡単に言っちゃうと不評に終わっちゃいましたよね。その評判が悪いとなると、あの方、表に出てこなくなっちゃんだです。一番大事なのは、あの方が否定したパワハラは結局どうだった」と示した。

 その上で、レスリング協会の第三者委員会がパワハラを認定し「認定されたわけです。なのに表に出てこないってなると、それは、お話を聞きたいという視聴者の方も多いでしょう。当然、マスコミは聞きたくなる」と「とくダネ!」の直撃取材に理解を示していた。

最終更新:4/13(金) 18:17
スポーツ報知