ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

藤井六段の偽の色紙販売容疑 本人「持ち駒の数が違う」

4/12(木) 21:31配信

朝日新聞デジタル

 将棋の高校生棋士、藤井聡太六段(15)の偽のサイン色紙を売ったとして、愛知県警は12日、東京都文京区水道1丁目、派遣社員富岡恵美子容疑者(43)を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。「小遣い稼ぎだった」と話し、容疑を認めているという。

【写真】愛知県尾張旭市の男性が藤井聡太六段本人からもらい、インターネット上にアップしていた本物の詰将棋の色紙

 瀬戸署によると、富岡容疑者は昨年8月4日ごろ、藤井六段の偽のサイン色紙をフリーマーケットアプリ上で大阪府豊中市の会社員男性(26)に売り、5670円をだまし取った疑いがある。藤井六段は、サインとして自作の詰将棋を書くことで知られ、今回の偽物も詰将棋が書かれていた。

 男性は偽物と知らずにネットオークションで転売。落札されたのを見つけた愛知県瀬戸市の男性から情報提供があり、県警が捜査していた。県警が藤井六段本人に真偽を問い合わせると「筆跡が違う」「持ち駒の香車の数が違う」などと回答があったという。

 今回の色紙に書かれた詰将棋は、愛知県尾張旭市在住の男性(47)が昨年3月に家族を通して藤井六段からもらい、インターネット上にアップしていたものと酷似している。本物と比べると、香車の数が違うほか、飛車の位置を書き直した形跡もあった。この男性は12日、朝日新聞の取材に「将棋をやっている人なら偽物だとわかる」と話した。

 瀬戸署によると、富岡容疑者は将棋の加藤一二三九段や平昌五輪の出場選手のサインも売ったという趣旨の供述をしており、県警は余罪を調べる方針。

朝日新聞社