ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

フルーキーが引退、15年チャレンジC優勝

4/12(木) 18:05配信

スポーツ報知

 JRAは4月12日、2015年のチャレンジC・G3などに優勝したフルーキー(牡8歳、栗東・角居勝彦厩舎)の競走馬登録を同日付で抹消したと発表した。今後は岡山県加賀郡の吉備高原サラブリトレーニングで乗馬となる予定。

 同馬は父リダウツチョイス、母サンデースマイル2(父サンデーサイレンス)の血統。13年3月にデビュー勝ちし、同年8、9月に500万、1000万を連勝して挑んだ菊花賞は6着。その後は芝のマイルから2000メートルの重賞を主に使われ、前出のチャレンジCを勝ったほか、G3で3度の2着があった。

 昨年12月24日、初ダートだったオープン特別のギャラクシーS(14着)がラストランとなった。通算32戦7勝。

最終更新:4/13(金) 14:13
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ