ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

三浦春馬、7年ぶり「世にも奇妙な物語」主演「誠実に人と向き合うことの大切さ実感」

4/13(金) 5:03配信

スポーツ報知

 俳優の三浦春馬(28)が、5月12日に放送されるフジテレビ系「世にも奇妙な物語’18春の特別編」(後9時)で、ヒューマンSF作品「明日へのワープ」に主演することが13日、分かった。

【写真】7年ぶりの「世にも奇妙な物語」に意欲を見せる三浦春馬

 三浦の同シリーズ主演は、11年秋の特別編「JANKEN」以来7年ぶり2回目。映画監督を夢見るも芽が出ないまま10年。同級生の結婚式に招待され人生に焦りを感じ、謎の薬“アイリウム”に希望を託す峰雄を演じる。

 眠れぬ日々が続く峰雄は、心療内科で精神科医・宇堂公康(相島一之)から謎の薬“アイリウム”を処方される。“アイリウム”は、1錠服用すると24時間分の記憶が完全に無くなり、まるで24時間後の未来にワープしたかのような感覚になれる薬。嫌な思いをする出来事の前に飲んでおけば、その事を体験しなかったかのように記憶から消し去る。記憶を薬でコントロールできるようになった時、人生は思い通りになっていくのか…。

 7年前の同シリーズ主演と同じ植田泰史監督とコンビを組む三浦。「成長した何かを現場に置いて行ければ」と語り、「以前、『ネカマな男』という作品で椎名桔平さんのお芝居に衝撃を受けたことがあったので、その裏話を監督に伺ったりできたのもうれしかったです」と秘話“入手”を喜んだ。

 作品のみどころについて、“世にも奇妙な世界”で「大切な人があしたいなくなるかもしれない」ことを体験。「いつだって誠実に人と向き合うこと、その大切さを実感しました」と語った。

最終更新:4/13(金) 20:35
スポーツ報知