ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【皐月賞】ワグネリアン、過去5年間で2勝の2番枠!友道調教師も歓迎!

4/13(金) 7:05配信

スポーツ報知

◆第78回皐月賞・G1(15日・芝2000メートル、中山競馬場)

 吉兆だ。ワグネリアンは過去5年間で2勝、10年間を見ても複数回の勝利を唯一挙げている2番枠に入った。「偶数でいいんじゃないかな。外、外を回るよりはいいと思う」と友道調教師は淡々とした口調ながら、実績ある枠順を歓迎した。

 ここまでデビューから4戦は10頭以下での競馬しか経験がなく、馬込みの中でレースを運んだことがほとんどない。今回は一転、16頭立ての内枠と状況は大きく異なる。しかし、トレーナーの信頼は揺るがない。「この中間は気性の成長を感じるし、大丈夫じゃないかな」と前を向いた。

 この日は乗り運動のみ。今回は最終追い切りを初めて栗東・CWコースで行ったが、テンションを上げるような様子は見られなかった。「カイバをよく食べているし、いつもと変わりません。(報知杯弥生賞2着時より)本当にいいと思う。毛づや、張りが全然違うからね」。休み明けを使って心身両面で想像以上の上昇カーブを描き、たどり着いた大一番。1冠目へ、視界を遮るものは何もない。(山本 武志)

最終更新:4/13(金) 14:12
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ