ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【MLB】大谷翔平、起用法ヘの思い 地元紙特集、今後「中5日で登板」の可能性も?

4/12(木) 16:06配信

Full-Count

二刀流として輝き放つ大谷翔平

 投打で着実に結果を残しているエンゼルス大谷翔平。投手として2戦2勝、防御率2.08。打者としても5試合目の野手スタメンとなった11日(日本時間12日)のレンジャーズ戦で3打数1安打1打点1四球とまたも貴重な打点を挙げ、打率.364、3本塁打、8打点と活躍している。そんな二刀流右腕について、米紙が今後の起用に関して特集記事を掲載している。

【動画】「またしてもショータイム!」…大谷翔平の左腕からのメジャー初安打は先制となるレフト前タイムリーヒット!

「ショウヘイ・オオタニは、エンゼルスがこの先自身をもっと起用することを望んでいる」との見出しで記事を掲載したのは地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」電子版。同紙は本人が通訳を介して、今後、チームがもっと起用したくなるようなプレーをしていきたいこと、出番を増やしていきたいことをなどを語ったとレポートした。

 一方、大谷自身が球団の起用法を尊重していることにも触れつつ、日本ハム時代にも二刀流の起用についてルーティンがあったことなどを紹介。12日(同13日)から始まるロイヤルズとの敵地4連戦では野手として12日、13日(同14日)、投手として15日(同16日)に出場する見通しを伝えている。

 また、大谷の登板はここまで中6日となっているが、記事ではマイク・ソーシア監督が起用について「フレキシブル」と語っていることをレポート。「オオタニはどこかのタイミングで中5日で起用されるかもしれない」と伝えている。

 NPBよりも試合数が多いメジャーリーグは連戦が続くことも多く、過酷な移動を強いられることもある。タフな環境の中で、大谷はどのように二刀流をこなしていくのか。今後の起用法が注目される。

Full-Count編集部

最終更新:4/12(木) 17:09
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/21(土) 13:15