ここから本文です

ホークス中3日先発の石川が7回無失点で貯金1に 日ハムは貯金吐き出す

4/12(木) 20:33配信

Full-Count

打線は2回に松田が適時打、4回には柳田に今季初アーチが飛び出す

 ソフトバンクが連勝で貯金生活に戻した。12日、本拠地ヤフオクドームで行われた日本ハム戦。中継ぎ登板から中3日でスクランブル先発した石川柊太投手が7回無失点に封じる好投を見せ、柳田悠岐外野手の今季初アーチなどで奪ったリードを守り抜いた。2カード連続の勝ち越しで6勝5敗の貯金1とした。

【動画】ソフトバンク石川が7回無失点の好投! 日本ハム打線を圧倒!

 リリーフで2/3回を投げた8日の楽天戦から中3日。右肘の張りで登録抹消となった千賀滉大に代わってスクランブル先発した石川がチームを救った。初回は大田、西川、近藤を3者連続三振に斬る立ち上がり。2回は2死二、三塁のピンチを招いたが、昨季までのチームメート鶴岡を三邪飛に打ち取った。

 7回には無死一、二塁とされたが、二塁走者レアードのボーンヘッドもあって無失点で切り抜けた。7回4安打無失点の好投で今季2勝目をマーク。打線は2回に松田の中前適時打で先制、4回には柳田に今季1号となるソロ本塁打。8回にも柳田の適時打で加点した。投手陣は8回を嘉弥真、加治屋、モイネロと“一人一殺”のリレーで封じ、9回は守護神のサファテが締めて逃げ切った。

 日本ハムは先発のニック・マルティネス投手が8回を9安打3失点にまとめて上々の投球を見せたが、打撃陣が援護出来ず。2回2死一、三塁や6回2死二塁、7回無死一、二塁などチャンスは作ったものの最後の1本が出ず。打線の繋がりを欠いて今季初の零封負け。6勝6敗となり、貯金を吐き出した。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:4/13(金) 22:56
Full-Count

スポーツナビ 野球情報