ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

エリック・ベネイ、来日公演を記念した日本独自企画となる初のベスト・アルバム発売

4/13(金) 17:31配信

CDジャーナル

 1996年のデビュー・アルバム『トゥルー・トゥ・マイセルフ』以来、ディアンジェロやマックスウェルと共にニュークラシックソウル / ネオソウル・シーンを牽引し、2000年代以降も良質なR&Bナンバーを送り出す“愛と魂(ソウル)の伝道師”として長年にわたり人気を博すエリック・ベネイが、4月22日(日)から来日公演を開催。この公演に合わせて、1996年から2010年まで在籍したワーナー・ブラザーズ時代の楽曲を厳選した日本独自企画の初のベスト・アルバム『ザ・ベスト・オブ・エリック・ベネイ』を4月20日(金)にデジタル先行発売、5月23日(水)にCD(WPCR-18033 2,000円 + 税)をリリース。デジタル・アルバムは4月13日(金)よりプレオーダーがスタートしています。

 アルバムには、1999年にフェイス・エヴァンスをゲストに迎えて大ヒットし、日本での人気を決定付けたTOTOのカヴァー・シングル「ジョージー・ポージー」をはじめ、究極の求愛ソングと呼ばれたタミアとのデュエットによるバラード「スペンド・マイ・ライフ・ウィズ・ユー」やリル・ウェインが絶賛し、w-inds.も「夢で逢えるのに~Sometimes I Cry~」のタイトルでカヴァーしたファルセット・バラード「サムタイムズ・アイ・クライ」などのヒット曲に加え、シングル「ラヴ・ドント・ラヴ・ミー」やワーナー・ブラザーズ時代の選りすぐりのコラボレーションからテリー・デクスターとのデュエット「スペンド・マイ・ライフ・ウィズ・ユー(バタード・ソウル・リミックス)」とボニー・ジェイムスのサックスをフィーチャーした「スーパーウーマン」の計3曲の貴重なオリジナル・アルバム未収録曲を収録しています。

最終更新:4/13(金) 17:31
CDジャーナル