ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

セクハラ降板の元NHK登坂アナ、15日「ワイドナショー」出演 「婦人公論」で相手女性に謝罪

4/13(金) 16:56配信

夕刊フジ

 セクハラ騒動で就任予定だった報道番組を直前で降板した元NHKのフリーアナウンサー、登坂淳一(46)。ここにきてメディアへの露出を始めたようだ。15日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で民放初出演することになったのだ。

 同番組は渦中の人がたびたび登場してきたが、登坂アナの場合、メーンキャスターに就任予定だった同局系の報道番組を直前降板しただけに、どのような謝罪の言葉を口にするか注目される。

 登坂アナといえば、ロマンスグレーの髪形と穏やかな口調で「麿(まろ)」の愛称で親しまれていたが、今年1月に退社しフリーに。しかしNHK札幌放送局勤務の2011年に契約女性キャスターにセクハラ行為を行ったと週刊誌で報じられるも、登坂アナは一部事実関係を否定した。

 そんな中、11日に発売された「婦人公論」のインタビューで登場し、相手の女性に謝罪している。しかし、「いったんついたセクハラ色はなかなか払拭できない。新たな一面を見せるぐらいの大胆な変化を見せないと復帰の道は険しいだろう」と芸能プロダクション関係者。

 どこまで“麿”は変われるのか。

最終更新:4/13(金) 16:56
夕刊フジ