ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

『パシリム』には“強い女性”が不可欠!自作イェーガーを操る天才少女に注目

4/13(金) 13:15配信

cinemacafe.net

ギレルモ・デル・トロが製作を務め、スティーヴン・S・デナイト監督のもとジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、新田真剣佑ら豪華キャストが集結した『パシフィック・リム:アップライジング』。

【写真】『パシリム』で活躍する女性陣

本作では、前作で菊地凛子演じる森マコがそうだったように、“強い女性”が物語において重要な役割を担っている。このたび、本作から参戦するキーキャラクターであり、自力でイェーガーを作ってしまう天才少女・アマーラを演じた新星ケイリー・スピーニーの魅力に迫る特別映像がシネマカフェに到着した。



■“強い女性”が活躍してこそ『パシリム』!
人類とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現す本作。


今回は森マコ(菊地さん)だけでなく、新型イェーガーの開発に心血を注ぐシャオ産業の女社長リーウェン・シャオ(ジン・ティエン)、イェーガーの整備や指揮ラインの管理を務めるジュールス(アドリア・アルホナ)、そしてスクラップとなったイェーガーの部品をかき集め、イェーガーを自ら作り上げてしまう天才少女アマーラといった新たな女性キャラクターたちが大いに存在感を発揮する。


届いた映像内で、デナイト監督が「賢くて強くて、意志が強い」と称するアマーラを演じたケイリー・スピーニーは「精神的に自立してる女の子よ。怖いもの知らずでまっすぐな性格。私にとって憧れの存在で、若い女性の手本になるような強い子よ」と自身のキャラクターについてコメント。「アマーラには、私自身も影響を受けたわ」と語るキュートな笑顔が印象的だ。



■ジョン・ボイエガも絶賛「僕たちの相性は抜群だった」
メジャー大作初出演で大役へと大抜擢された新星ケイリーの熱演には、共演シーンの多かった主人公ジェイク役ジョン・ボイエガが「ケイリーが持つ純粋さがアマーラ役に新鮮味を与えたし、彼女のアプローチは見事だった。彼女と共演する中で多くを学べたし、強い絆を構築できたよ。僕たちの相性は抜群だった」と振り返って語る。


アマーラの教官となるエースパイロットのネイトを演じたスコット・イーストウッドも「ケイリーはすごい女優だ」と明かし、「彼女が登場するだけで、スクリーンが明るくなる。将来が楽しみだよ。若さゆえの純粋さがあり、誰もそれを奪えない。自分の演技に凄く正直で誠実なんだ」と賛辞を贈る。

劇中でのアマーラは、KAIJU撃破への強い覚悟をにじませる凛々しく精悍な表情が映し出され、堂々たるイェーガーパイロットへと成長、地球を救うため出撃していく。そんな彼女をきっと応援したくなるはずだ。

『パシフィック・リム:アップライジング』は全国にて公開中。

最終更新:4/13(金) 13:49
cinemacafe.net