ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

熊本地震から2年 木山神宮本殿解体へ

4/13(金) 22:02配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

熊本地震から14日で2年。被害が大きかった益城町でも少しずつ復興が進んでいます。本殿などが全壊した木山神宮では、解体を前に安全祈願祭を行い工事の無事を祈りました。
「木山~神宮の~社を~」(祝詞)
木山神宮は、おととしの熊本地震で本殿や拝殿が全壊。本殿の解体には町の人たちの住宅解体を優先してもらおうと手をつけていませんでした。
地震から2年がたち、ようやく始まる解体に宮司の思いは。
「本当に長い長い2年間だった1日も早く再建してほしいという皆さんの熱いありがたいお言葉をいただきながら、一つずつ進めていきたい」(木山神宮/矢田吉定宮司)
解体は部材の調査も同時に行うため、およそ1年かかりその後3年間で再建する予定です。また木山神宮の境内は去年10月に町の史跡指定を受け、本殿の解体・再建費用の75パーセントを県と町が補助することになります。

RKK熊本放送

最終更新:4/13(金) 22:02
RKK熊本放送