ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

スカンジナビア航空、A320neoを35機追加発注 80機導入へ

4/13(金) 18:21配信

Aviation Wire

 エアバスは、スカンジナビア航空(SAS/SK)から、A320neoを35機追加受注した。このほか、A330-300も受注した。

 スカンジナビア航空は、A320neoを確定発注分のほか、15機をリース導入する。合計で50機導入予定で、エンジンは未定。リース分から受領を開始し、2019年4-6月期(第2四半期)から2021年にかけて受領する。購入機は2023年までの導入を予定する。

 2種類選べるエンジンのうち、2016年10月20日に受領したA320neoの同社向け初号機(登録番号LN-RGL)には、CFMインターナショナル製新型エンジン「LEAP-1A」を搭載している。

 A330-300は1機発注。2019年4-6月期をめどに受領し、A340-300と置き換える。

 スカンジナビア航空は3月末現在、エアバス機を57機保有している。A340-300とA330-300が8機ずつ、A320ファミリーが41機。このうちA320neoは30機発注済みで、17機を導入している。今回の発注で、A320neoを80機導入することになる。

Yusuke KOHASE

最終更新:4/13(金) 18:21
Aviation Wire