ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

井上公造、伊藤綾子アナは「ファンにしてみると一番、嫌なタイプの女性」

4/13(金) 13:34配信

J-CASTニュース

 週刊誌「女性セブン」(2018年4月26日号)で報じられた、アイドルグループ「嵐」の二宮和也さん(34)とフリーアナウンサーの伊藤綾子さん(37)の「初」ツーショットが、嵐ファンの間で波紋を広げている。

 芸能リポーターの井上公造氏は、伊藤アナについて「ファンにしてみると、一番嫌なタイプの女性」と発言。嵐ファンから「ファンの気持ちを代弁してくれてありがとう」と惜しみない賛辞が送られている。

■「何ノコノコと出かけているんですか」

 女性セブンが18年4月上旬、羽田空港で2人の姿をキャッチした。二宮さんはその駐車場で、停車中の愛車に乗り込むが、座ったのは後部座席。運転席でハンドルを握っていたのは、伊藤アナだった。車はそのまま二宮さんの自宅マンションへ向かったという。

 初めて2人の交際を報じたのは、16年7月の同誌だった。二宮さんのマンションに連泊する伊藤アナの姿をスクープ。更新していた所属事務所のブログからも「嵐」のCDやグッズの一部が次々と見つかり、交際をほのめかしているとの疑いで「炎上」した。

 ただそれ以降、2人きりの姿がキャッチされたことは1度もなかった。18年4月の同誌報道で初めて、ツーショットが報じられたのだ。

 同誌報道のドライブデートについて、伊藤アナの軽率さを指摘したのが、芸能リポーターの井上公造氏だ。18年4月13日放送の情報番組「おはよう朝日です」(朝日放送)に生出演し、伊藤アナが同年3月末で所属事務所をやめたことに触れた上で、

  「会社やめました。仕事をしていません。ネット上では『結婚?』とウワサが流れている最中です。マスコミは狙うに決まっている。その時に何ノコノコと出かけているんですか」

と持論を展開した。

交際相手は「アイドルとしての立場を守れる人じゃないと」

 18年4月の同誌報道では、伊藤アナの両親による「精神的に相当に痛手を受けているので...。結婚の話はまだ全然聞いていません」といったコメントも掲載していた。

 井上氏はこれについても「ご両親は全然悪いとは思いません。娘が『マスコミが(家に)来たらしゃべっちゃダメよ』と言っておかないといけない。迷惑がかかる」と注文を付け、「基本的にそういうところが伊藤さんは欠落しているんです」とバッサリ。

 伊藤アナに「ファンにしてみると一番、言葉は汚いですけど、嫌なタイプの女性です」との評価を下した。「恋愛するのは自由ですけど、(二宮さんが)アイドルである以上、アイドルとしての立場を守れる人じゃないと」と説明した。

 こうした井上氏の「伊藤アナ」評は、ツイッターなどインターネット上で大きな注目を集めた。嵐のファンとみられるユーザーから、井上氏に

  「井上公造さん、オタクの言いたいことまじですべて代弁してくれてる」
  「井上公造さんがビシッと言ってくれたおかげで、気持ちがだいぶ落ち着いたわ」

と惜しみない賛辞が送られたのだ。

 ちなみに2人の結婚については、井上氏は「嵐の結婚は2020年くらいまでないと思います。(V6の)岡田(准一)くんや森田(剛)くんの結婚があったことを考えると、当面はないですね」と話していた。

最終更新:4/13(金) 18:37
J-CASTニュース