ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

インスタ投稿が度々話題の黒柳徹子 若い頃から“玉ねぎヘア”何年続けている?

4/13(金) 19:02配信

リアルライブ

 女優でタレントの黒柳徹子が、4月11日にInstagramを更新し、若いころの写真をポストし話題となっている。女性の胸がプリントされたピンクのTシャツをインナーに着用しており、この姿でテレビCMに出たところ、まぎらわしいとクレームが来て放送中止になったようだ。さらに驚くべきは、現在まで続く玉ねぎヘアがこの時点で確立されていることだろう。果たしてこの頭は何年続いているのだろうか。

 「Instagramの写真では『だいたい40年前』と紹介されていますね。トーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)は1976年にスタートし、放送開始から43年目をむかえますが、この第一回放送ではすでに玉ねぎヘアでしたから、時期も一致します」(芸能ライター)

 黒柳は1953年にNHKの専属女優として芸能生活をスタート。今年でデビュー65周年にあたる。新人時代は短髪であり、玉ねぎではなかった。

 「玉ねぎヘアは、ヘアスタイリストの須賀勇介によって考案されました。ニューヨーク帰りの名スタイリストで、アメリカの流行の最先端を取り入れたものといえるでしょう。頭を大きく見せることで、うなずく姿を視聴者にアピールできるねらいもあったようですね。黒柳は1971年に舞台の勉強のためアメリカのニューヨークへ1年間留学しています。この時点で、現在に近い髪型をしていますから、玉ねぎヘアにはおよそ50年の歴史があるといえるでしょう。のちに、この髪型を“玉ねぎ頭”と命名したのは1978年に放送がはじまった『ザ・ベストテン』(TBS系)で共演した久米宏です」(前出・同)

 黒柳の頭には、戦後日本の芸能やファッションの歴史が刻まれているともいえよう。

最終更新:4/13(金) 19:02
リアルライブ