ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

迫る72時間 懸命の捜索続く 大分・中津市の山崩れ 女性4人が安否不明のまま

4/13(金) 18:40配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

生存率が急速に低下するとされる72時間が迫っています。

大分・中津市耶馬溪町の山崩れ現場では、発生3日目の13日も自衛隊や消防などおよそ580人態勢で行方不明者の捜索が行われています。

これまでに岩下義則さんの死亡が確認されていますが、12日発見された女性の遺体の身元が岩下さんの母・愛子さんであることが新たにわかりました。

捜索は巨大な岩や大量の土砂で難航していて、いまも女性4人の安否が分かっていません。

13日、現場には大分県の広瀬知事が視察に訪れました。

【大分県・広瀬知事】
「二次災害も心配なので十分に気をつけて(捜索を)やってください。残念ながら長期戦となったときにも対応できるような態勢をとっておかないといけない」

中津市がある大分県北部は14日には雨が降ると予想され、県は現場に監視カメラを設置するなど二次災害への警戒を強めています。

テレビ西日本

最終更新:4/13(金) 19:32
TNCテレビ西日本