ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「絶対許せない」浦和・マルティノスにツイッターで人種差別 クラブは削除要請

4/13(金) 16:39配信

J-CASTニュース

 J1・浦和レッズのMFマルティノス選手が2018年4月12日、インスタグラムに「このような差別的な発言は絶対許せないし、非常に残念だと思っています」と投稿した。

 同時にクラブは「特定選手に対する差別や誹謗中傷を行う看過できない発言」がSNSで「日常的に見受けられる」との声明を発表。クラブの広報部担当者はJ-CASTニュースの取材に、「マルティノス選手への差別発言を受けてのものだ」と明かした。

■「非常に残念だと思っています」

 マルティノス選手のインスタ投稿にはスクリーンショット写真が添えられた。バナナを食べるマルティノス選手をプロフィール画像にした「なりすまし」ツイッターアカウントが、「...については山道(守彦・強化部長)も何故こんな黒いだけで役に立たないガラクタ選手獲ってきたんだよ...」などと投稿した画面が写されている。

 横浜F・マリノスに在籍していたブラジル人FWカイケ選手は、マルティノス選手の投稿へのコメントで「Don't give a shit Bro!!!!! 」(気にしないで、友よ)と激励したほか、横浜FCのオランダ人DFカルフィン・ヨン・ア・ピン選手も「This so wrong」(これはあまりに間違っている)と差別への不快感を示している。

 一方、浦和レッズは同じ12日、公式サイトで「SNSに見られる発言について」と題する声明を発表。冒頭で、「ここ最近、TwitterなどのSNSで、選手のなりすましアカウントなどによる、特定選手に対する差別や誹謗中傷を行う看過できない発言が、日常的に見受けられるようになっています」と伝え、

  「浦和レッズは、2014年に国際サッカー連盟(FIFA)総会の決議を尊重し『人種、肌の色、性別、言語、宗教、または出自などに関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為を認めない』とする差別撲滅宣言をしており、上記のようなSNSなどの発言を容認することはできません」

と宣言した。

 そのうえで「ぜひ、みなさまにおかれましても、上記のような発言は許さず、私たちサッカーファミリーの力で差別を撲滅できるよう共に戦っていただければと思います。よろしくお願い申し上げます」と訴えている。ただ、この声明を出した具体的な経緯は書かれていない。

1/2ページ

最終更新:4/13(金) 16:39
J-CASTニュース