ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<速報>今季初戦のアン・シネ、同組の上田桃子、有村智恵は2オーバーで折り返し 

4/13(金) 13:47配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<KKT杯バンテリンレディス 初日◇13日◇熊本空港カントリークラブ(6,428ヤード・パー72)>

【LIVE写真】KKT杯バンテリンレディス 熱戦の様子をリアルタイムでお届け

国内女子ツアー第7戦「KKT杯バンテリンレディス」が13日(金)に開幕し、現在全選手がハーフターンした。

地元出身の上田桃子と有村智恵が、今季ツアー初出場のアン・シネ(韓国)と一緒にラウンドする最注目組は、上田とアン・シネがともに2ボギー、有村が1バーディ・1ボギー・1ダブルボギーで、揃って2オーバー。ハーフターン時点で、42位タイにつけている。

首位は、葭葉ルミ、フェービー・ヤオ(台湾)、小楠梨紗、高橋恵の4人が2アンダーで並んでいる。また、1打差の5位タイに渡邉彩香、川岸史果ら6人。

先週の「スタジオアリス女子オープン」など今季2勝を挙げている鈴木愛は、ハーフを終えイーブンパー。復調を目指すイ・ボミ(韓国)は4オーバーと苦戦している。また土田沙弥香と小祝さくらが、この日ホールインワンを達成。小祝は3番、土田が13番で記録した。


(撮影:鈴木祥)<ゴルフ情報ALBA.Net>