ここから本文です

強風歓迎のソン・ヨンハン 4打差で悪天候の週末へ

4/13(金) 20:32配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 2日目(13日)◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71)

右に曲げた石川遼が思わず見せた“ペロリ”の一枚

6年ぶり出場の石川遼が単独首位で大会を折り返す中、ツアー1勝のソン・ヨンハン(韓国)が時松隆光と並び4打差の通算7アンダー2位につけた。得意の低い弾道を操り、6.3m/sという強風のコンディションを攻略。4バーディ1ボギーの「68」をマークした。

思い出されるのは昨年11月、沖縄で行われた「平和PGMゴルフ」。ソンは暴風の吹き荒れた3日目に全選手中ただひとりアンダーパーを記録した。「きょうはあの時よりは大丈夫でした」と涼しげ。後半14番では段の下から12mのパーパットが転がり込むラッキーも活かしてみせた。

日本の女性も笑顔で虜にする26歳は、石川とは同い年。これまでの実績から「いつも良い勉強をさせてもらっている」と謙虚に印象を語った。週末は悪天候が予想されるが、それが有利に働く可能性も十分。「天気が悪いときはショートゲームがとても大事になります」と淡々とムービングデーを見据えた。(三重県桑名市/桂川洋一)