ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

セビージャに辛勝のバイエルン、ハメスは危機感あらわ「スモールチームなど存在しない」

4/13(金) 15:10配信

GOAL

バイエルン・ミュンヘンはチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4に進出した。だがバイエルンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは危機感をあらわにしている。

バイエルンはCL準々決勝でセビージャと対戦。アウェーの第1を2-1で制し、ホームの第2戦を0-0で終え、準決勝に進んだ。

ハメスは『BeIN Sports』に対して「セビージャは良いチームだった。自分たちが何を求めてプレーしているか理解している。彼らはホーム、アウェー、2試合ともよく戦った。僕たちバイエルンも良かったけれどね」と語っている。

今季のCL準々決勝では、ローマが3点差を逆転してバルセロナを下している。また、ユヴェントスも3点差を縮め、レアル・マドリーをあと一歩まで追い詰めた。

この状況について問われたハメスは「フットボールは少しクレイジーになっているみたいだね(笑)」と冗談交じりに答えつつ、以下のように続けている。

「つまり、すべてのチームが戦えるということ。スモールチームなど存在しない。常に注意を払う必要がある」

「全試合がタフなんだ。一番大事なのは、バイエルンが準決勝に進んだことだよ」

GOAL

最終更新:4/13(金) 15:10
GOAL