ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

2週連続でマシンに”鳥”が激突……不運続きのハートレー「奇妙だ。説明できない」

4/13(金) 22:11配信

motorsport.com 日本版

 トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、2戦続けて不運に見舞われてしまった。

バーレーンGPで鳥が当たり、穴が空いたハートレーのフロントウイング

 ハートレーは前戦バーレーンGPの予選Q2でフロントウイングに鳥が激突。この影響でウイングに大きな穴が開いてしまったばかりか、Q3進出を逃す結果となった。そして今回の中国GPでまたしても、ハートレーのマシンには鳥がぶつかってしまったのだ。

「まともな1日だった」

 ハートレーはそう冷静に答える。

「でも、今朝はフロアを壊してしまい、走行時間を少し失ってしまったんだ。野生動物が当たって、破壊されてしまったんだ」

「特にマシンを比較すれば、バランスに関しては100%満足できていない。でも、午前中にはフロア以外に信頼性の問題はなく、大接戦となっている中団争いに再び挑戦できるのは間違いない」

「トップ3チームの後は、非常に僅差だ。だから、明日正しいモノを手にするためにも、今夜やるべき宿題がたくさんある。できるだけ高い位置に上がれるようにしたい。しかしそのためには、今夜やることがたくさんある」

 しかし2戦連続で鳥が当たってしまうという不運。これについてハートレーは次のように語った。

「ああ、またなんだよ。先週よりも大きかった」

 そうハートレーは語る。

「テストで1回か2回、鳥が当たってしまった経験がある。でも、2週連続してこういう事が起きたのは、実に奇妙だ。説明することなんてできない。どちらの事故の時にも、僕は鳥を見ていない。300km/hだから、鳥も多分僕が見えなかったのだろう」

Additional reporting by Scott Mitchell