ここから本文です

【センダイガールズ】里村が英国でベルト奪取 スターダム・イオとの19日頂上対決に弾み

4/13(金) 16:30配信

東スポWeb

 女子プロ界の横綱・里村明衣子(38)が12日、紫雷イオ(27)との頂上対決(19日、後楽園)を世界に発信すると宣言した。

 今回はノンタイトル戦で激突。現在の女子プロレスナンバーワンのカードに「イオと世界最高のレベルを見せつけたい。日本のプロレスが最高と証明する」と意気込む。アスカ(36=華名)がWWE初黒星を喫した「レッスルマニア34」(8日)を観戦して11日に帰国。「すごかった。もっとジェラシーを感じるかと思ったけどそれはなかった。彼女は米国のスタイルが合ってる。私は逆に日本のプロレスのすごさを貫こうと痛感した」と興奮を隠せなかった。

 3月30日からは英国の独立団体「ファイトクラブ・プロ(FCP)」3連戦に参戦。初日のウルバーハンプトン大会では新日プロ選手と対戦経験もあるクリス・ブルックスを撃破しFCP史上初の女性王者となった。マンチェスター、バーミンガムの3大会で約5000人が来場する大盛況だったという。

 そのまま米国に渡ると7日の同団体のニューオーリンズ大会に出場。女子のキンバー・リーを退け王座初防衛に成功。翌日は祭典を観戦した。FCP王座V2戦は5月4日に英国で行われる。

「英米から毎月2人が仙台の道場に修行に来ることになりました。毎月変わるので最終的には10人に達するかも。彼女たちが学んだことを英米で発揮してくれれば」と里村。女子プロ界の横綱はあくまで日本発信で「世界」と勝負を続ける。

最終更新:4/13(金) 17:09
東スポWeb