ここから本文です

【KNOCK OUT】宮越宗一郎が念願のT-98戦「圧勝で最強を証明して引退する」

4/14(土) 6:30配信

イーファイト

 4月14日(土)神奈川・カルッツ川崎にて開催される『KNOCK OUT SAKURA BURST』の前日計量が、13日(金)都内にて17:00より行われた。

【フォト】T-98の強力な蹴り

 第4試合で対戦する元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王者T-98(クロスポイント吉祥寺)、WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーウェルター級王者・宮越宗一郎(拳粋会)はともに69.9kgでリミットの70.0kgをクリアーした。

 身体つきが以前よりも引き締まり、筋肉のカットが浮き出ていたT-98は「パワーアップしました」とニヤリ。「デカくなろうとしたのではなく筋力トレーニングをしていたら自然となりました。今までもやっていたんですが、パワーを生かしきれていなかったんです。でも身体の使い方を意識するようになって、効率よく動けるようになったら筋力トレーニングの効果も出てきて、身体にもその成果が出てきました」と説明した。

 今回の試合は宮越からの指名が実現する形となったが、「ずっと僕とやりたいと言っていたのは知っていましたが、その希望を叶えてしまったのでムカついています。僕は外国人の強い相手とやらせてくれと希望して無視されたのに。だからそのムカつきをぶつけます」と、宮越の要望が通ったことが腹立たしそう。

 宮越はこの試合で引退すると公言しており、「引退するヤツに負けるわけにはいかない。70kgを盛り上げられるのは僕しかいないので、この試合に勝ったら今度は僕の希望を聞いて海外のヤバいヤツらを呼んできて欲しいです」と、宮越に引導を渡すとした。

 対する宮越は「やっと、ついに戦う時が来たなって感じです」と待望のT-98戦が明日に迫って嬉しそうな表情。「T-98選手とは自分がやりたいというよりも、引退が近づくにつれて周りから“T-98選手との試合が見たい”との声が多くなってきたんです。本当は昨年やって昨年引退したかったんですが、この試合はKNOCK OUTでやりたかったのでこの舞台で実現できてよかったです」と、今まで応援してきてくれた人たちのリクエストに応えるのがT-98戦だったという。

「やらないで引退したら、この試合を見たかった人たちがかわいそうじゃないですか。それに自分もどっちが強いかはっきりさせて、70kg級最強を証明して引退したかったんです」

 この試合で勝っても負けても引退するのかとの問いには「はい」とキッパリと答え、「調子が凄くいいので圧倒したい。宮越宗一郎が最強だった、と誰もが認めるような勝ち方をしたいです。微妙な内容だと勝ってもまぐれでしょって言われるので、KOでも判定でも誰もが圧勝だったと言うハッキリした試合にします」と、最後の試合で最強を証明して引退すると語った。

最終更新:4/14(土) 6:30
イーファイト