ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「打った瞬間に分かる」石川遼は好調パットで単独首位堅守

4/13(金) 21:38配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<東建ホームメイトカップ 2日目◇13日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>

【LIVE写真】今季から男子ツアーの写真もライブ配信!

初日に8アンダー・単独首位発進。今大会6年ぶりの出場となる石川遼は、この日5バーディ・2ボギーの「68」でラウンド。大台二桁となるトータル11アンダー・単独首位を堅守した。

「打った瞬間にいいパッティングか、そうでないかが分かります」

この日の石川はグリーン上で魅せた。スタートホールの1番から後半11番まで、11ホール連続1パット。初日を含めると14ホール連続となり、2日間での平均パット数は1.5217回で堂々1位。開幕戦Vに向けて、集中力の高さが遺憾なく発揮された。

この日は強風が吹き荒れるラウンドとなったが、「先週の千葉オープン、岐阜オープンのときも風が強かった。そこで強風に対しての免疫ができた感じがある」と、2連勝を飾った地区大会での経験が好プレーを後押しした。

だが、この日のフェアウェイキープ率は50%で51位タイ、パーオン率に至っては44.44%で94位タイと、ショット面では課題が残された。この日、1パットで沈めたのは18ホール中12ホールだが、その中で4バーディに留まったのは、何よりこのパーオン率の低さに起因している。

「内容に関しては満足はできないですが、これが自分にできる今日のベスト。今持っている技術の100%だったと思います」と、この日を総括した石川。2016年の「ANAオープン」以来、1年7カ月ぶりにトーナメントリーダーとして迎える決勝ラウンドで、スイング改善の糸口を見いだせるか。

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>