ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

比嘉 パワー増で厳しい減量…具志堅会長も不安吐露

4/13(金) 6:01配信

スポニチアネックス

 ◇WBC世界フライ級タイトルマッチ 王者・比嘉大吾≪12回戦≫同級2位クリストファー・ロサレス(2018年4月15日 横浜アリーナ)

 およそ王者らしからぬ寝癖のついた頭で登場した比嘉大吾(22=白井・具志堅)は目もうつろ。身長で8センチ、リーチで18センチも劣る検診結果にも「身長の大きい人としかやってきてないので大丈夫です」と答えただけだった。

 パワーアップしている分、減量は厳しくなっている。「チャンピオンだから(リミットまで)落としてくれると思うけど…」と具志堅会長。日本新となる16連続KO勝ちが懸かった大一番まであと3日。比嘉は大きな試練を迎えている。