ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<加計問題>農相、愛媛文書を確認 柳瀬氏、苦しい立場に

4/13(金) 11:47配信

毎日新聞

 斎藤健農相は13日午前の記者会見で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設について、柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が2015年4月、学園側に「首相案件」などと発言したことを記載した文書が農林水産省内にあったと発表した。斎藤氏は「文書の中身は愛媛県に聞いてほしい」と記載内容への評価を避けたが、政府内でも文書が見つかったことで、学園側との面会を認めていない柳瀬氏はさらに苦しい立場に追い込まれた。【加藤明子、高橋克哉】

【写真特集】農相、愛媛文書を確認

 斎藤氏によると、農水省の課長補佐級の職員1人が文書を持っていた。15年5月の異動時に前任者から受け取り、「農水省の事務とは直接関係ない」と判断して行政文書としてではなく個人的に保有。後任者にも引き継がなかった。前任者は同省の調査に「文書を見た記憶はなく、後任に渡した記憶もない。異動の際に渡した資料の中に含まれていたかもしれない」と答えたという。

 農水省が公表した文書は、愛媛県職員らが15年4月2日に内閣府の藤原豊地方創生推進室次長(当時)、柳瀬氏と個別に面会した翌日の3日に作成された。報道各社が先に報じた文書では作成日が15年4月13日になっていた。面会を踏まえた愛媛県の対応を記した部分も両文書で異なる。

 ただ、藤原、柳瀬両氏の発言を記録した部分は同じで、柳瀬氏が「本件は、首相案件となっている」と述べたことや、安倍晋三首相と加計学園の加計孝太郎理事長の会食で獣医学部新設計画が話題になったことが記されている。

 柳瀬氏は10日に発表したコメントで「記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはない」と面会を否定。13日も首相官邸で記者団から「記憶の限りというのは変わっていないか」と問われ、「はい、変わりません」と語った。

 菅義偉官房長官は13日午前の記者会見で、柳瀬氏と愛媛県の主張が食い違っていることについて「政府として答える立場にない」と述べた。政府関係者は「文書が首相と直接つながることはないが、文書の信ぴょう性は少し高まった」と漏らした。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は13日午前の党会合で「記憶にないという説得力のない反論をしているのは首相と柳瀬氏だけになった。もはや政権を維持できる状況ではない」と批判した。こうした中、衆院予算委員会の与野党筆頭理事は電話で対応を協議。立憲の逢坂誠二氏が柳瀬氏を早期に証人喚問するよう求めたのに対し、自民党の菅原一秀氏は「もう私の判断の範囲を超えている。党国対と相談する」と述べた。菅氏は10日、内閣府と文部科学、農水、厚生労働各省に調査を指示したが、農水省以外では見つかっていない。

最終更新:4/13(金) 15:49
毎日新聞