ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

シャガール作品、30年ぶり発見=NYで盗難、屋根裏に保管

4/13(金) 11:47配信

時事通信

 【ワシントンAFP=時事】米連邦捜査局(FBI)は12日、30年前にニューヨークで盗まれたマルク・シャガールの絵が持ち主の家族に返還されたと明らかにした。

 絵を所持していたメリーランド州在住の男性がFBIと接触し、元に戻ったという。

 絵は1911年に描かれた油絵「オセロとデズデモーナ」。持ち主のニューヨーク在住の夫婦は20年代に絵を購入したが、88年に休暇で自宅を留守にしている間に、ピカソなど他の絵画作品とともに盗まれた。

 絵を持っていた男性は80年代後半から90年代初めにかけ、絵を盗んだとされる男から入手し、長年屋根裏に保管していた。男性はワシントンの画廊に売却を試みたが、画廊経営者は「絵の信頼性や出所を示す証明書を持っていなかったことを不審に思った」と証言しているという。 

最終更新:4/13(金) 16:00
時事通信