ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<04年高2刺殺>「容疑者、仕事熱心」勤務先の社長

4/13(金) 13:14配信

毎日新聞

 広島県廿日市市の民家で2004年、高校2年の北口聡美さん(当時17歳)が殺害された事件で13日、山口県宇部市の会社員、鹿嶋学容疑者(35)が逮捕された。

【広島・女子高生刺殺事件の経過】

 鹿嶋容疑者の勤務先の山口県宇部市にある建築会社の男性社長(39)によると、鹿嶋容疑者は社長の父親が経営していた十数年前、知人の紹介で働き始めた。12日も午前7時に出社後、山口市内の現場で通常通りに働き、変わった様子はなかったという。社長は「仕事熱心で現場を任せられるタイプ。シャイで暴力的な感じではなく、後輩の面倒見もいい。まだ信じられない」と語った。

 社長によると、山口市内の工事現場で4月初旬、同僚の態度に腹を立てて尻を蹴ったことがあり、これが逮捕の端緒となった暴行事件とみられる。

最終更新:4/13(金) 17:51
毎日新聞