ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

トランプ氏「打撃与えてきた日本と協定を」FTA念頭か

4/13(金) 16:00配信

朝日新聞デジタル

 トランプ米大統領は米国時間の12日深夜、ツイッターで「我々に貿易で何年も打撃を与えてきた日本との間で、協定をまとめるべく動いている」と投稿した。

 トランプ氏はこの日、閣僚らに対し、環太平洋経済連携協定(TPP)への復帰に向けて再交渉すべきか検討するよう指示していた。

 ツイッターでは「TPPに加わるのは、オバマ大統領のときよりずっといい取引になる場合だけだ」と説明。「(米国を除くTPP加盟国)11カ国のうち6カ国とは、すでに二国間協定がある」とした。

 日本との「協定」は、日本側が拒んできた日米自由貿易協定(FTA)が念頭にある可能性がある。(ワシントン=青山直篤)

朝日新聞社