ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

巨人14年ぶり借金丸抱え 打線組み換えも初回5失点ぶち壊し

4/13(金) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇セ・リーグ 巨人4―6DeNA(2018年4月12日 東京D)

 連敗脱出を目指したが、初回の5失点は痛かった。巨人・高橋監督は開幕から固定してきた中心選手の打順を組み替えたが、攻撃前に大量失点。「最初から5点というのは重い」と2度言った。

【写真】沈む巨人ベンチ。阿部も沢村も…

 1番に坂本勇を据えて、3番・ゲレーロ、4番・マギー、そして5番にプロ入り初のクリーンアップとなる岡本を配した。マギーが初回に左翼席へ1号3ラン。12試合目にして初めて主軸に一発が出た。坂本勇は2安打2四球と仕事をこなしたが、最後まで追いつけなかった。いきなり5失点した大竹は「申し訳ないです」と繰り返した。2軍降格も決まり、代わって3年目左腕の中川が昇格する。

 6連敗で借金は4。04年の4月以来、14年ぶりにセ・リーグの全ての借金を背負った。この6戦は計44失点。4試合で先発投手が、初回に先制を許している。13日の広島戦は、開幕から2連敗のエース・菅野が先発予定。自身から始まった連敗を止めるべくマウンドに上がる。指揮官は「本来のピッチングをしてほしい」と期待した。(神田 佑)

スポーツナビ 野球情報