ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

発疹が腕や背中に…「ぞっとした」 梅毒経験者が語った

4/13(金) 16:33配信

朝日新聞デジタル

 岡山県外の店舗型風俗店で働く岡山市の女性(22)は昨秋、梅毒に感染していることがわかった。

【写真】岡山県内の梅毒患者数の推移

 最初に体の異変に気付いたのは接客の最中。座って男性客と話している時に、足の裏に色の薄いほくろのような発疹ができているのを見つけた。かゆみも痛みもなく、「なんだろう」と不思議に思った。

 その後、毎月の性病検査で梅毒の感染が分かった。「死んじゃうの?」と不安になったが、医師から「大丈夫。薬で治せる」と言われほっとした。店を辞め、薬を飲み続けて約2カ月で症状は治まったが、治療中に発疹が腕や背中にまで広がり、「ぞっとした」という。「借金がある子だと1、2カ月も仕事を休めない。自分は休める環境で助かった」と振り返る。

朝日新聞社