ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

大麻栽培容疑で介護士ら逮捕=販売目的、顧客に僧侶も―警視庁

4/13(金) 13:35配信

時事通信

 販売するために自宅で大麻草89本を栽培したとして、警視庁組織犯罪対策5課などは13日までに、大麻取締法違反(営利目的栽培)容疑で、介護士小島学容疑者(36)=千葉県船橋市印内=ら3人を再逮捕した。

 同課は認否を明らかにしていない。

 他に逮捕されたのは、元介護士飯塚純平(38)=同市西船=、無職佐藤健二(39)=同県市川市鬼高=両容疑者。小島容疑者から乾燥大麻約5グラムを3万円で譲り受けた疑いで、神奈川県大和市の僧侶の男(38)も逮捕された。

 小島容疑者ら3人の逮捕容疑は昨年10月中旬~今年2月、同容疑者の自宅2階で大麻草89本を水耕栽培した疑い。

 同課によると、3人の自宅から2月、大麻草のほか、乾燥大麻約420グラム(末端価格250万円相当)や覚せい剤約160グラム(同960万円相当)などを発見。同課は大麻や覚せい剤の営利目的所持容疑などで逮捕し、大麻草栽培についても調べていた。 

最終更新:4/13(金) 13:54
時事通信