ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

清宮、イースタンでプロ初打点「3番・一塁」で犠飛放つ

4/13(金) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇イースタン・リーグ 日本ハム5―5西武(2018年4月12日 西武第2)

 日本ハムのドラフト1位・清宮が、イースタン・リーグの西武戦(西武第2)でプロ初打点を挙げた。「3番・一塁」で先発した初回1死三塁で、前日よりも10グラム重い890グラムのバットでフォークに詰まりながらも中犠飛。「結果的には悪くなかったけど、走者がいなかったら中飛」とオープン戦、練習試合を含めて30打席目で飛び出した打点を振り返った。4回の2打席目はバットを折られて中飛に倒れ、その裏の守備から交代した。

 腹膜炎から復帰後、初めて守備に就いたが、打球は飛ばず。2回2死一塁では、一塁走者の永江がけん制に誘い出されたが、清宮がお手玉して二塁進塁(記録は盗塁)を許した。報告を受けた栗山監督は、1軍昇格の時期について「何も考えていない。打てば上げる」と慎重だった。