ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<OECD総長>日本の温暖化対策「不十分」

4/13(金) 19:16配信

毎日新聞

 経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長は13日、日本の温室効果ガス削減目標を「不十分」だとする提言書を中川雅治環境相に手渡し、「民間や政府内でさまざまな利害関係があるかもしれないが、(日本経済の)グリーン化を後押ししたい」と述べた。

 提言書は、パリ協定に基づき日本が国連に提出した2030年の削減目標(13年比26%削減)について「現行の目標を超え、削減に向けた野心を高めるべきだ」と指摘した。

 また、原発については「再稼働はゆっくりとしたペースでしか進まないだろう」と言及し、エネルギーの効率化や再生可能エネルギーの導入を推し進めるほか「送電網への接続の制約など、再生エネの展開の障壁となる問題にも取り組むべきだ」と求めた。【五十嵐和大】

最終更新:4/13(金) 19:16
毎日新聞