ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

開幕6連敗のサンウルブズ 初勝利へ前日練習 14日にブルーズ戦

4/13(金) 17:40配信

デイリースポーツ

 「スーパーラグビー、サンウルブズ-ブルーズ」(14日、秩父宮ラグビー場)

 前日練習が行われ、開幕6連敗中の日本チーム・サンウルブズは今季初勝利に向けて、秩父宮ラグビー場で最終調整した。

【写真】ジョセフHC ブルーズ戦へ「勝機ある」

 過去6戦の敗因を分析。ミスが失点の起因になっていることからスキル面を強化し、失敗の目立つラインアウトを修正。さらに前節から先発15人中14人を固定して連係面を熟成させて臨む。

 2戦連続してナンバー8でプレーする姫野和樹(23)=トヨタ自動車=は「僕たちがやるプランはコミュニケーションと連係が大事。そういう意味では(メンバーの固定は)ポジティブに働くと思います」と前向きに捉えた。

 ロックに入るグラント・ハッティング(27)=神戸製鋼=は3月17日のライオンズ戦(南アフリカ)以来の復帰戦。ラインアウトに関して「いいプランがあるしいいジャンパーもいる。風がそんなに強くなければ100%いける」と自信を胸に臨む。

 ブルーズは昨季48-21で圧勝した相手。しかも今季1勝5敗と低調でもあり、勝機は十分。それでもSO田村優(29)=キャノン=は「ブルーズは能力が高いチーム。アンラッキーで結果が出ていないだけで、本当にいいチームだと思う。去年はほぼマグレみたいなものなので。強いチームに僕らがチャレンジするという構図は変わらないです」と気を引き締めて初勝利を目指す。