ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

丸岡いずみ デキる女性がジャケット裏表逆に…街中で声をかけリアクションに凹んだ

4/13(金) 17:49配信

デイリースポーツ

 フリーアナウンサーでタレントの丸岡いずみが13日、ブログを更新し、街中で見かけた「デキる女性」がジャケットを裏表逆に着ていると思い、勇気を出して「逆のようですが」と声を掛けたところ、想定外の“大逆襲”にあったことを明かした。丸岡は「3時間くらいは立ち直れそうにない」と心境を表した。

【写真】丸岡いずみ 店員の言葉に涙腺崩壊

 丸岡は「信号待ちをしていたら、斜め前にとてもスタイルのよい素敵な女性が立っていた」と、ある日のことを書き出した。34、5歳に見え、女優の篠原涼子に少し似ていたという。

 見とれてしまったそうで、丸岡は「シルバーのポインテッドトゥのフラットシューズに、黒の長めのタイトスカート、サイドに深めスリットが入っている」と詳細に描写。小脇に大量の資料を抱えていたことから、「これから会社に戻ってプレゼンだろうか??時計を確認している。かなりバリバリ仕事をしてそう。。『デキる女性』に違いない」と確信した。

 そのままよく見ていると、ジャケットが気になった。丸岡は「羽織っているジャケットがあれ?あれ?MA-1風のカーキのジャケットですごくこなれているんだけど、タグが!よく見ると、縫い目も!!まさかの、、そう!、裏返しに着てしまってる!!」とここでも確信した。

 丸岡は声を掛けるかどうか考え、「練りに練ったプレゼンに支障をきたすかも知れない」との判断から、思いきって声をかけた。「あの~、上着にタグが。。裏表、逆のようですが。。。」

 すると「洗礼された素敵女性が一言。『あー、これが表なんです。』」

 丸岡は「なにーーーーーーーー タグが付いてて、縫い目も出てて『表』。どうかしてるよ、最近のトレンド!!3時間ぐらいは立ち直れそうにない」と、かなりの衝撃だったことを記した。