ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

蔡総統、海軍演習を初視察=潜水艦建造に決意―台湾

4/13(金) 17:24配信

時事通信

 【蘇澳(台湾北東部)時事】台湾の蔡英文総統は13日、北東部の宜蘭県蘇澳沖で行われた海軍の演習を視察した。

 蔡総統はミサイル駆逐艦「基隆」に乗り込み、一部始終を見守った。蔡総統が海軍演習を視察するのは、2016年5月の就任以来初めて。

 蔡総統は艦上で談話を発表し、海軍の制海力について「重層的な抑止力を備えている」とたたえるとともに、潜水艦の自主建造に向けた強い決意を表明。潜水艦をめぐっては、米国が台湾の建造計画に対する米軍事企業の関与を解禁する決定をしたばかりで、総統は「(計画の)成功を深く信じている」と強調した。 

最終更新:4/13(金) 17:29
時事通信