ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

豊島再調査で産廃発見=3度目、金属・汚泥152トン―香川

4/13(金) 17:27配信

時事通信

 香川県の豊島(土庄町)で昨年までに全量が撤去されたはずの産業廃棄物が相次いで見つかった問題で、県は13日、さらに金属塊と汚泥計約152トンを発見したと発表した。

 県は1月と2月に汚泥計約115トンを見つけており、今回が3度目。

 県は今月12日から再調査を開始。13日朝、県職員が金属塊を発見し、周辺で見つかった汚泥とともに搬出した。1.5~3メートル程度の深さにあり、過去の調査では発見できなかったという。再調査は約1.7ヘクタールを対象に行い、6月末までに終える方針。 

最終更新:4/13(金) 17:30
時事通信