ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

熊本地震から丸2年、「熊本地震体験記」ウェブサイトに震災後の出来事が追加公開

4/13(金) 15:41配信

Impress Watch

 明日4月14日をもって熊本地震から2年を迎える。株式会社インプレスR&Dでは、2016年6月に発行したチャリティー書籍「熊本地震体験記―震度7とはどういう地震なのか?」に、震災後の1年間の出来事を記した内容を追加し、ウェブサイトで公開している。

【この記事に関する別の画像を見る】

 著者は、熊本県上益城郡益城町の出身で、株式会社インプレスR&D社長の井芹昌信氏。実際に自身が被災し、その経験をつづったのが「熊本地震体験記」で、震災発生から1年後となる2017年4月に、書籍の全文と、「その後に起こった出来事」がウェブサイトで公開されている。

 今回、被災地の現状など、この1年に経験したことについて綴られた「2016年10月~12月に起こった出来事(全壊判定、父との別れ、帰郷)」と「2017年1月~2018年3月に起こった出来事(復興に向けて)」がウェブサイトに追加公開された。

 なお、すでに発売されている書籍の価格(税別)は、電子書籍版が500円、印刷書籍版が800円。同書の収益金は、熊本地震の被災者のために義援金として寄付されている。

地震発生(前震)本震発生避難所生活周辺の状況避難所からの救出GWに再び熊本へそして今教訓・提案その後に起こった出来事(追記)
  ・避難所からの移転
  ・仮設住宅当選2016年10月~12月に起こった出来事(全壊判定、父との別れ、帰郷) (2018年追記)
  ・実家のその後
  ・父死去、そして帰郷
  ・仮設住宅での生活
  ・母の転院2017年1月~2018年3月に起こった出来事(復興に向けて) (2018年追記)
  ・益城町のその後
  ・仮設生活の充実
  ・さあ復興だ
  ・復興同窓会(2017年8月)
  ・実家の再建開始
  ・所感

INTERNET Watch,岩崎 宰守

最終更新:4/13(金) 15:41
Impress Watch