ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「83年生まれの希望の星」 『小悪魔ageha』桜井莉菜、10年前と同じドレス姿が完全に35歳の奇跡

4/13(金) 19:22配信

ねとらぼ

 ギャル系ファッション誌『小悪魔ageha』のモデルなどで知られる“さくりな”こと桜井莉菜さんが4月13日、10年前の雑誌表紙撮影で着用したドレスに身を包んだ写真で35歳の誕生日を迎えたことをInstagramで報告しました。

【比較画像:『小悪魔ageha』2008年6月号表紙のさくりな】

 「思い出にもらって帰って来た服。置いてて良かった」とコメントを添え、ギャルギャルしいピンクと黒のベアトップドレス姿でバースデーケーキと映る写真を公開した桜井さん。2008年6月号の表紙撮影で『小悪魔ageha』編集部員が手作りしたドレスを「また使える日が来るなんて」と言いながら、30代の折り返しに差し掛かったとは思えないスタイルで着こなしいたずらっぽいポーズを決めています。

 24歳のとき『小悪魔ageha』の専属モデルとなって11年。age嬢の代名詞のような存在として現在では『姉ageha』でも活躍。同じ仕事を続けられていることを喜びながらも、「たくさんの雑誌が並ぶ中で選んでもらえるかは、表紙にかかってる」と、いまだに表紙の撮影だけは緊張することを告白。そうしたプレッシャーがあっても「必要と思ってくれる人がいる限り、小悪魔agehaと、姉アゲハのモデルを続けていきたい」と抱負をつづりました。

 また、同日には自身のアパレルブランド「Riina couture」もオープンし、「自分のお誕生日に、自分のブランドもお誕生日 幸せ過ぎるだろーーーー」と心弾ませながらファンや関係者への感謝もつづっています。

 この投稿には誕生日を祝福する声が多数寄せられる一方、「小学生の頃からファンなのでもう10年以上」「さくりなちゃんは同じ83年生まれの希望の星」「さくりなちゃんに憧れて一生懸命メイクもageha読みながら勉強しました!」など桜井さんへのあこがれを抱いて成長してきたファンからは年齢を重ねてもカワイイ存在への称賛が相次いでいます。

最終更新:4/13(金) 20:17
ねとらぼ