ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

乳牛放牧始まる 今年は草たっぷり 大田原・大野放牧場

4/14(土) 7:55配信

産経新聞

 大田原市湯津上の同市大野(おおや)放牧場で13日、乳牛の放牧が始まった。近隣の酪農家がトラックで乳牛を運び込み、体重や体長を測定。防虫薬散布の後、乳牛を28ヘクタールの牧草地に放した。

 入牧したのは、生後半年~1年半の21頭。牧草地を元気に駆け回りながら草をはんでいた。11月上旬まで放牧され、昨年は体重が約150キロ以上増えた乳牛もいた。5月からは約40頭の和牛も放牧される。

 同放牧場利用組合の長谷川賢一組合長は「今年は暖かくて牧草が伸び、たっぷり餌を食べられるので成長が期待できる」と話した。

最終更新:4/14(土) 7:55
産経新聞