ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<中国>対米黒字19.4%増 1~3月、米政権反発の恐れ

4/13(金) 20:23配信

毎日新聞

 【北京・赤間清広】中国税関総署は13日、今年1~3月の対米黒字が582億5000万ドル(約6兆2500億円)となり、前年同期に比べ19.4%増加したと発表した。中国の巨額の対米黒字を引き金に米中の貿易摩擦が強まる中、黒字幅のさらなる拡大はトランプ米政権の反発を招く恐れがある。

 1~3月の米国からの輸入は前年同期比8.9%増の416億7000万ドルに拡大したものの、輸出が14.8%増の999億2000万ドルとなり、輸入の伸びを上回った。

 中国の習近平国家主席は10日、自動車関税の引き下げなど輸入拡大に取り組むと表明したが、政策効果が表れるには一定の時間を要するとみられ、具体的な成果を求めるトランプ政権の理解が得られるかは見通せない。

 税関総署の黄頌平報道官は記者会見で「中国は意図的に黒字を追い求めているわけではない」と釈明し、トランプ政権に「理性を持って貿易不均衡問題に取り組むよう望む」と呼びかけた。

最終更新:4/13(金) 20:23
毎日新聞