ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

5GのマルチベンダーRAN構築を推進する仕様を策定・公開

4/13(金) 16:40配信

Impress Watch

 NTTドコモがメンバーとして加入する「xRAN Forum」は、リモート設置型基地局の親局と、無線子局間のインターフェースを想定したxRANフロントホール仕様を策定し、同仕様を公開した。

 ドコモでは、同仕様の完成ならびに公開によって、マルチベンダー無線アクセスネットワーク(RAN)の構築を推進し、5G時代における無線アクセスネットワークのエコシステム拡大に寄与するとしている。

 マルチベンダーRANとは、異なるベンダーの親局と無線子局を接続できる構成であり、展開シナリオに適した基地局装置を活用することで、無線アクセスネットワークを効率的に構築できるようになる。

 ドコモは、4G LTEネットワークの構築において高度化C-RANアーキテクチャを用いマルチベンダーRANを実現してきた。

 4G LTEにおけるC-RANアーキテクチャ運用の経験を活かして、xRAN Forumのメンバーとして今回のxRANフロントホール仕様の策定作業に寄与すると共に、今後も同団体の活動に貢献するとしている。

ケータイ Watch,島田 純

最終更新:4/13(金) 16:40
Impress Watch