ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

DeNAが“足攻”で追いつく 倉本がタッチアップで二塁陥れ好機拡大

4/13(金) 19:48配信

デイリースポーツ

 「DeNA-中日」(13日、横浜スタジアム)

 DeNAが足を絡めた攻撃で同点とした。1点を追う三回。先頭の倉本寿彦内野手が中前打で出塁。続く神里の左中間への飛球を、中堅・大島が捕球した体勢を見てタッチアップで二塁を陥れた。

 そして1死二塁から大和内野手が、中日先発・小笠原の甘く入った外角チェンジアップを捉え、三遊間を破る左前同点適時打。移籍後初適時打となった大和は「強い打球ではなかったが、(二走の)倉本がよく走ってくれた」と話した。