ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「ラブライブ!」の葛藤乗り越えた飯田里穂 テーマは「自然体」

4/13(金) 14:16配信

スポニチアネックス

 人気シミュレーションゲーム「永遠神剣シリーズ」第3弾「悠久のユーフォリア」に出演している飯田里穂さん、秋場悠里さんのインタビュー後編。今回はゲームへの思いを聞きながら、「ラブライブ!」声優として脚光を浴びた飯田さんの葛藤などについても話してもらいました。(西向 智明)

 飯田は主人公と旅をともにするミューギィ・ファナン役、秋場はマルカ・オーレルア王女の護衛隊である妖精の奏界のベリナ・グリーンスピリット役で出演。テレビアニメでは数カ月間キャラクターを演じ続けるが、ゲームやドラマCDは数時間で全てを収録する。飯田は「“この子はどんな子なんだろう”という準備をしっかりしないといけない。なので自分もゲームをして他の声優さんのせりふを聞いたり、世界観などもイメージできるようにしています」。秋場も「プライベートでしたことのないジャンルのゲームでもやってみるようになりました」と声優になってからの変化を口にした。

 スマートフォンゲーム市場が急速に発展し、声優にとってゲームも主戦場の一つになっている。今回の「悠久のユーフォリア」は未発売だが、シリーズ過去作「永遠のアセリア」「聖なるかな」はいずれも家庭用ゲーム機で発売。この違いについて、飯田は「演じる上ではそこまで意識をしないです。スマホゲームはCMで“CV飯田里穂”と名前が出るのがうれしい。家庭用ゲームはパッケージとして物が残るのが良いなと思います」と笑顔で説明した。

 飯田はもともと子役として活動し、NHK教育(現・Eテレ)の「天才てれびくん」に出演するなど、女優としての道を歩んでいた。転機となったのは10年にスタートした「ラブライブ!」。「初めて受けた」という声優のオーディションに合格し、メーンユニット「μ’s(ミューズ)」のメンバー星空凛役で13年にテレビアニメ初出演。「声の仕事をしたことがなかったので、アニメをたくさん見て勉強しました。最初は緊張もしたんですけど、μ’sの他のキャストともよく話して、他人の声を演じる楽しさを知りました」と振り返った。

 ただ、初出演の「ラブライブ!」が大ヒットしたことで、葛藤も生まれたという。「すごく明るい元気なキャラクターで、自分がイメージを引きずってしまった」。オーディションに合格できず、アニメ出演がほとんど無い時期が続いた。

 抜け出すきっかけは「自然体」だったという。事務所のスタッフと話す内に「星空凛じゃなく、飯田里穂が声優をやってるんだから、自分が思うように演じていいんじゃないか」と考え方が変わっていった。「周囲のイメージを気にせず、このキャラクターはこういう声じゃないかと思ったものを出すようになってから、オーディションに通ったり、お声がけをいただけるようになりました」。「『ラブライブ!』に出ていたから」ではなく、自身の変化を活躍につなげただけに、声にも実感がこもっていた。

 秋場は学生時代にバンドを組み、仙台で音楽の専門学校に通った。声優になったのは「ボーカロイドの中の人」に憧れたためで、現在の目標は「ソロデビューとアニメ主題歌」と語る。中でも、「ダーク・ファンタジーの主人公をやって、主題歌を歌って、というのに憧れます」と笑った。主人公や登場人物にとって悲劇的な展開や不条理な世界観を描くことが多く、意外に思ったのだが、事務所の先輩である飯田は「すごく合いそう。歌声が本当にかっこいいんですよ」と太鼓判。ぜひ見てみたいと思った。

 2人とも、今月21日に行われる作品初のライブイベント「悠久のユーフォリア 1st SWORD」(東京・白金高輪SELENE b2)に出演する。飯田は「私たちも“ようやくこの日が来る”という気持ちでテンションが上がっている。過去作を知っている人にも、キャストがきっかけで知った方にも楽しんでもらえるのではないかとワクワクしています」と笑顔を見せた。

 今作からキャストを変更し、新たな世界観を描くことについて、プロデューサーの高瀬奈緒文氏は「向こう10年続くプロジェクトにするため」としている。今後もゲーム関連イベントとして2人がステージに立つ機会も増えそうだ。「悠久のユーフォリア」がどのようなコンテンツに育っていくのか、2人の話を聞いて、より期待が膨らんだ。

 ◇飯田 里穂(いいだ・りほ) 10月26日生まれ、埼玉県出身。愛称はりっぴー。子役として活動し、02年からNHK教育(現・Eテレ)の「天才てれびくん」に出演。13年のテレビアニメ「ラブライブ!」星空凛役で声優デビュー。15年にアルバム「rippi―rippi」でソロデビュー。

 ◇秋場 悠里(あきば・ゆり) 2月2日生まれ、宮城県出身。愛称はゆりかに。高校卒業後、専門学校を経て16年4月から活動を開始。主な出演作に「ライブレボルト」(野田ここみ役)、ゲーム「【18】キミト ツナガル パズル」(イザナミ役)など。