ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

国吉貴博が現役引退 29歳 甲府、鳥栖、富山でプレー「幸せだった」

4/13(金) 14:36配信

スポニチアネックス

 かつて甲府や鳥栖でもプレーしたMF国吉貴博(29)が現役引退することになった。昨季限りで退団したJ3富山が13日、発表した。

 埼玉県出身の国吉は静岡学園高から2007年に当時J1だった甲府入り。11年に当時J2だった鳥栖に移籍し、12年に当時J2だった富山へ移籍していた。リーグ戦の通算成績はJ1が1試合0得点、J2が111試合9得点、J3が82試合2得点。昨季はJ3リーグ戦22試合0得点で、契約満了により退団が発表されていた。

 国吉はクラブを通じて「選手として必死で過ごした時間は苦しいことが多かったですがあっという間でした。プレーで人を感動させられること、自分の名前をコールしてもらえること。幸せだったなと思います。それがなくなるのは少し寂しいです。これから新しい道に進みますが自分を成長させてくれたサッカーに恩返し、貢献できるように頑張っていきたいと思います。幸せな時間をありがとうございました」とコメントしている。

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合