ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ディーン・フジオカ、苛酷投獄シーンの“トラウマ”で「人と向き合うと緊張する」

4/13(金) 17:02配信

スポーツ報知

 俳優で歌手のディーン・フジオカ(37)が13日、都内で、単独初主演のフジテレビ系連続ドラマ「モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―」(19日スタート、木曜・後10時)の制作発表に出席した。

 原作は日本で「巌窟王」として知られる、仏の小説家のアレクサンドル・デュマの名作「モンテ・クリスト伯」。フジオカ演じる水産業者の船員がえん罪で捕まり、15年後にモンテ・クリスト真海と名乗り、実直な人間から復讐鬼と化す姿を描く。

 肌も歯も黒のスプレーで塗り、ボコボコに殴られ、粉塵まみれの苛酷な投獄シーンの撮影に臨んだフジオカはこの日、「最近ずっと一人で閉じこめられたり、拷問を受けたりしたので、これだけ多くの人と向き合うと緊張する」と、集まった観衆120人にあいさつ。

 実際にこれまで復讐したいと思ったことはあるかと聞かれると、少し悩みながら「生きていれば、いろいろありますよね。自分がハッピーになることで、それが仕返しになったらいいな」と回答。すると、共演の高橋克典(53)が「ちらっと、ヤミを見た気がする」とニヤリ。「僕はここで軽く話せるようなことはないです。人生を懸けたようなことはありますけど」と思わせぶりに話し、笑いを誘った。

 フジ系連ドラ初出演という「関ジャニ∞」の大倉忠義(32)は「これまで関係者の方に『フジテレビのドラマだけ出演したことがないので、よろしくお願いします』と書き続けて、5年経った」と明かし、「とてもうれしい。頑張ります」と笑顔。復讐したい人はいるかとの質問には、「楽屋で『大倉、大倉』と眠りを妨げるメンバーにいつか仕返しをしたい」と話した。

最終更新:4/13(金) 17:03
スポーツ報知