ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

巨人・菅野が初勝利「忘れることのできない1勝」広島打線を8回1失点

4/13(金) 21:04配信

デイリースポーツ

 「巨人10-2広島」(13日、東京ドーム)

 序盤から打線が爆発した巨人が圧勝。連敗を6で止めた。

【写真】打線が噴火!マギーもスタンドへ放り込んだ

 丸の適時打で広島に1点を先制された巨人は直後の攻撃で逆転に成功。岡本の2号2ラン、中井の1号ソロなどで5点を奪った。

 五回にはマギーの2試合連続となる2号2ランなどで加点。七回にはゲレーロの適時二塁打で2点を加え、リードを9点に広げた。

 先発した菅野は8回6安打1失点、10三振を奪い、今季初勝利を挙げた。

 広島はここまで2戦2勝だった先発・野村が5回8失点と精彩を欠いた。打線も二回以降は走者を出すものの、決定打に欠き、得点できなかった。

 12日から4番を務めるマギーは2試合連続本塁打を含む2安打3打点と結果を出し、「嫌な流れを断ち切るために大事な試合だった。打てて勝ってよかった。あしたも援護できるように打ちたい」とお立ち台で胸を張った。

 今季初勝利の菅野は「ホッとしています。ここ2試合、うまくいっていなかったが、いろんなアドバイスをもらって、きょうは小林が引っ張ってくれた。長い野球人生の中でこういうこともあると思っていた。自分の力で打開しようとマウンドに上がりました。連敗中ですけど、きょうの1勝は忘れることのできない1勝になりました」と振り返った。