ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

羽生、45日ぶりに公の場に登場!

4/13(金) 18:38配信

スポーツ報知

 フィギュアスケート男子で、14年ソチ五輪、18年平昌五輪金メダルの羽生結弦(23)=ANA=が13日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開催されたアイスショー「コンティニューズ・ウィズ・ウィングス」で45日ぶりに公の場に登場した。

 平昌五輪で演じたフリー「SEIMEI」の曲が流れ、アイスショーが開幕。羽生が登場すると大歓声が会場に響き渡った。羽生は現在、右足首リハビリのため、オープニングでは滑らなかったが、オープニングが終わると、あいさつし、「本日はご来場頂きまして本当にありがとうございます。こうやってみなさんの前に立てて本当に幸せです。今回このショーを命名させて頂いた意味は、今まで生きてきた中で、スケートをしてきた中で、全てものがスケートにいきている。(今回のショーは)自分の大きなつながりをもった方々をオファーし、このショーをやらせて頂くことになりました」と今回のショーへの思いを語った。

 この日がアイスショーの初日。羽生は、「すごく緊張しています。偉大な方々のスケートを見て、こんなことが僕に継承されている。羽生結弦がもっているところだなと楽しんで頂けたら」と話した。

最終更新:4/14(土) 19:50
スポーツ報知