ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

macOSで32bitアプリを起動すると警告表示

4/13(金) 19:50配信

Impress Watch

 米Appleは11日(米国時間)、macOS High Sierra 10.13.4以降で、32bitアプリケーションを起動すると警告画面が表示されるようになることをサポートページで案内した。

 WWDC 2017にて、同社は32bitアプリをサポートするOSとしてはmacOS High Sierraが最後のバージョンであると発表しており、2018年1月以降は、アプリをMac App Storeに申請するには64bit対応が必須となっている。

 ユーザーは警告後もアプリの利用が可能だが、同社では開発者に対してアプリの64bit化を連絡することを提案している。

PC Watch,佐藤 岳大

最終更新:4/13(金) 19:50
Impress Watch