ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

クリス・ハート 休止前最後の単独公演 今後は「作曲やプロデュースの勉強をしたい」

4/13(金) 18:29配信

スポニチアネックス

 歌手のクリス・ハート(33)が13日、都内で「こころのうた 2018」公演前に囲み取材を行った。

 昨年12月に今春からの活動休止を発表し、休止前最後の単独公演。「12月に休止を発表してからあっという間にこの日がやってきた。今日は歌手として全力でがんばって、来月からは違うクリス・ハートとしてプロデュースや作曲ができたら」と語った。今の気持ちを問われると「寂しさじゃなくてあったかいハッピーな気持ち。5年間の色んな思いがあって、泣くかも…」と苦笑いした。今後は「作曲やプロデュースの勉強をしたい」と意欲。歌手活動については「まず勉強を2年やって、2年経ったら考えます」とした。

 プライベートでは2012年に瞳夫人と結婚。16年2月に第1子となる長男、昨年10月に第2子となる長女が誕生した。「何よりパパとしての生活、子育てをやっていきたいな。パパ生活楽しいから」と笑顔を見せていた。 公演ではミュージシャンの村上佳佑(28)と共作した「ファンファーレ」を初披露。クリスが初の作曲に挑戦し「思ったよりすごいことができた」と手ごたえ。「作曲の勉強のタイミングでバトンタッチみたいな意味になった。この曲が新しい夢を見て頑張る人の力になれれば」と話していた。